ルイヴィトンのメンズ長財布

ルイヴィトンはフランスのブランドです。
元々はカバン職人だったルイヴィトンが創業。徐々にその知名度を高めていきました。
今では日本でも人気が高く、世界を代表するブランドのひとつです。

 

ルイヴィトンではさまざまな商品を作り出していますが、メンズ長財布もその1つ。
洗練されたデザイン、そして高級感のある作りは、男性からも人気が高く
20代から50代以上の方まで、幅広い世代に愛されています。

 

ルイヴィトンのデザイン

モノグラム、ダミエの2つのデザインは特に有名です。
日本の家紋や唐草模様を参考に作られたとのこと。
日本人には親しみの持てるデザインですよね。

 

メンズ長財布にも、モノグラムとダミエは使われています。
モノグラムとダミエは、素材が軽くて丈夫。
しかも防水性にも優れていますから、常日頃から持ち歩く財布として、機能性の面でも心配がありません。

 

もちろんその他のデザインもあって、自由に選ぶ楽しみもあります。

 

価格

価格帯が広いこともルイヴィトンの特徴です。
10万円以上するメンズ長財布もあれば、5万円前後のものも。予算に合わせて選べます。
これも幅広い世代に人気を集める理由と言えるでしょう。

 

高級ブランドとして知られるルイヴィトンのメンズ長財布を持てば、それだけで大人の男になった気がします。
この高級感もルイヴィトンの魅力ですね。

ヒストリー

LOUIS VUITTONは、フランスで旅行用のトランク工場として創設しました。このトランクは軽くて評判がよかったそうです。トランク表面にキャンバスの布を貼り付けたことで軽いものになりました。1854年、フランス・パリに世界ではじめての旅行用のカバン専門店を開業。1867年、博覧会で銅メダルを受賞。それを受けたラテン系の皇族が、LOUIS VUITTONのトランクを注文し話題を呼びました。LOUIS VUITTONの良さにあやかろうと、模造品が造られるようになるとそれを阻止するべく、モノグラムラインやダミエラインといった独特の加工が難しいデザインを考案。それでも、模造品は次から次へと出回りました。最近ではダミエアズールライン、ダミエグラフィットラインがあります。模造を難しくするよう、白と灰色、または黒をベースとしたカラーにしてあります。ダミエコバルト模様の落ち着いたものがあって、LOUIS VUITTONの派手なイメージから、ちょっと控えめな黒を使っています。全体がオーソドックスな造りでありながら、マスキュリン効果が程よく出るタイガーレザー製の財布。外側はLOUIS VUITTONらしい格子状のダミエラインが目を引き、財布を開ける両サイドにブラックカラーのレザーが見えるものもあります。LOUIS VUITTONではめずらしい無地レザーの長財布。マチの部分が少し広くなって収納量は十分です。