プラダのメンズ長財布

プラダはイタリア、ミラノを拠点とするブランドです。
年齢的に考えて、安物の財布ではなく、そろそろブランド品の財布に買い替えたい。
そう考えている方も多いのではないでしょうか。

 

けどブランド品は高くて手が出なかったり、失敗したらどうしよう…と思ったりと、
不安が付きまといますよね。
10万円も20万円も財布を買う際には出しにくいですし、
もう少し割安なブランド品がほしいなぁとも思います。

 

僕の友人はブランド好きなのですが、彼が言うには、
「高い物を買うかどうかではなく、高そうに見えるものを安く買うことが大切」
と言っていました。

 

でもブランド品といえば高いものが多いので、
そんな割安感があるブランドがあったらいいですよね。
そこでその友人に聞いてみたのですが、
「プラダ」の長財布であれば、そんな願いが叶いそうです。

 

プラダは女性物が多いイメージですが、男性にも人気のブランドであり、
黒を基調としたメンズの長財布を展開しています。
プラダの長財布は、手触りがよく使いやすい物が多いんです。
収納力もあり、お札や小銭、ポイントカードなどを入れるには最適ですね。

 

ユーザーの口コミを見ていると、
ファスナーの使いにくさを指摘されることがあるようですが、
使っているとスムーズになるので問題ない、という声もあります。

 

いくらブランド品とはいえ、革やファスナーが固いのはよくあること。
最初はどれもそうなので、
使い続けることで自分の手になじませていきましょう。

 

プラダの長財布なら、他のブランド品のように数十万円もするものではなく、
数万円で買えるものが多いんです。

 

ブランド品を安く手に入れるには丁度いいですね!
ブランド長財布に買い替えるなら、プラダから試してみてはいかがでしょうか?

PRADA

1913年イタリア・ミラノで皮革専門店としてスタートしたアパレルメーカーです。当時ではたいへん珍しいワニやダチョウ革の素材を取り上げ話題となり、イタリア王国指定の有名店になりました。時代は変わり、PRADAの評判は次第に悪くなり、経営は行き詰っていきました。動物の乱獲や毛皮の扱いが社会問題になって、動物の保護運動が高まってきたからです。追い討ちをかけるように、PRADAのデザイン自体も人気が低迷。1958年頃から無名のブランドになってしまったのです。 ところが、1978年孫娘のミウッチャがオーナー兼デザイナーに就任したことで、PRADAは復活。 ミウッチャは、ナイロン素材を使ったバッグやリュックを手がけ話題となったのです。皮革製品が売りの高級イメージからの脱却。その斬新な試みは当時ブームとなりました。1990年、PRADA財団が設立。本格的な事業展開で他社を買収。多方面にビジネスを拡大。その後、MIUMIUを創設し、事業の拡大と独自性を強調していきました。PRADAは、アパレル、バッグなどレザー製品、ジュエリー化粧品など広範囲にビジネスを広げています。そんなPRADAの長財布の最近のトレンドは、レザー素材です。格子状にがっちり編みこんだ模様が特徴の財布になります。表面が方押しカーフもいいですが、格子状の模様が人気。メッシュの細部にまで一つ一つ丁寧で、それでいてしっかりとした構造はプラダの大きな特徴です。
特徴
創業当初から、高品質で高級感のある革製品を作り続けてきました。その品質の高さは誰もが認めるところです。今では世界中で愛されるブランドだと言えるでしょう。そんなプラダが作るメンズ長財布もやはり高い人気を集めています。プラダというと、どうしても女性向けブランドというイメージがあるのですが、決してそんなことはありません。男性向けアイテムも非常に多く、中でもメンズ長財布は定番アイテムの1つです。やはり革の質の高さになるでしょうか。メンズ長財布は、革の質が良くないとすぐに傷んでしまったり、見た目が悪くなってしまったり。でも、プラダのメンズ長財布ならそうした心配もなく、長く使い続けられます。男性は財布を長く使う傾向が特に強いもの。品質は非常に重要な要素です。そういった意味でも高い品質を誇るプラダの財布は、男性にピッタリなのです。デザインも洗練されていて、常に流行の最先端を行くプラダらしいもの。シンプルなデザインのものが多いのですが、それでいてプラダらしさを感じさせるデザインです。高級感もあります。大人の男性によく似合います。プラダは値段的にもかなり高くなりそうですが、3万円から4万円ほどのものも多く実はとてもリーズナブルです。そのため若い年代の男性からも人気が高く、幅広い世代の支持を集めています。