50代に人気のメンズ長財布ブランドはどこ?

50代になると男としての魅力もぐっと渋くなり
普段着る服や持つ物にも、ある程度の品質や高級感が求められます。
変に若者向けの物を持っていると、無理をしている感じがあります。
逆に、若者には似合わないアイテムを、違和感なく持てる年代です。

 

DUNHILL

人気のメンズ長財布のブランドは、洗練されていて高級感のあるブランドです。
たとえば、高級スーツブランドであるダンヒルのメンズ長財布はとても人気があります。
革の品質が高いのはもちろん、種類も豊富。自分の好きな革を選べます。
デザインは、どれもシンプルでありながらオシャレ。
まさに大人の男性にぴったりです。

 

ファッション雑誌などに取り上げられることも多いので
ダンヒルのメンズ長財布を持っている人は多いのですが、デザインが豊富なため
みんなが同じような財布を持っている、なんてこともあまりありません。

 

HERMES

高級ブランドというと、エルメスのメンズ長財布も人気です。
エルメスはもはや説明不要な有名なブランド。
日本でも男女を問わず非常に高い人気があります。

 

値段も高くなりますが、だからこそ50代という大人の男性には最適でしょう。
品質も申し分ありません。
財布選びに困ったら、エルメスで間違いないと言ってしまってもいいくらい。
洗練されたデザインの財布は、持っているだけで「出来る男」になった気がします。

50代に人気、注目の素材

中高年と呼ばれる年代の50代。そろそろ定年までのカウントダウンも近づいています。ですが、「まだまだバリバリ働くぞ!」と奮闘する元気な50代男性に人気の財布があります。今使っている財布は、若い頃から使ってきた、思い出の詰まった愛用品です。仕事の思い出、家族の思い出。辛かったこと、楽しかったことが沢山、財布に刻まれていることでしょう。長年使っていると、馴染んでいますから、使いやすく感じるものです。ましてや、贈り物など記念のものなら、なおさら愛おしい。その財布はしまって、心機一転、新しい人生を共に歩むパートナーとしての財布に人気が集まっています。今まで使っていた、2つ折りや3つ折りのものから、幅広の、高級革をふんだんに使った、リーズナブルな長財布が人気です。革の材質には、牛や馬、豚などが一般的です。広く一般的に使われている素材ですが、これらとは違う新しい注目の素材が2種類あります。1つ目はコードバンという素材です。この革は、滑らかな手触りで、かつキズが付きにくいのが特徴です。コードバンは、馬のお尻の皮のことで、食用にする馬から採るので数は僅かです。その僅かな馬のお尻の皮を削ったコードバンの繊維のごく薄い部分を使うので大量には採れないんです。2つ目はブライドルという素材です。もともと、馬の首につけにつける手綱などで使われていた革で強い耐久性があります。丈夫なお素材は、使うほどに手に馴染んで味が出る、長く使えるものです。50代に人気の長財布はCOCOMEISIERです。